聖なる夜に風俗で過ごす為に素敵な体験談をご紹介!

女性恐怖症を克服させてくれました

中学生時代の人生初の告白で玉砕から、内心女性恐怖症らしき何かを引き摺り続けていました。普通にバカな話で盛り上がるなど、表面上こそ女子人気がある男子と映っていたみたいですが、いざ特定の女の音のお付き合いとか、まして手を握るなど勇気が出ず、振り返れば寂しい学生時代でした。悪友達は彼女とエッチがどうのこうの、風俗が楽しいなど、女の子の身体の話題で盛り上がる中、僕は又聞き情報だけの知ったかぶりを続けざるを得なかったのです。それを見抜かれたのでしょうか、現在も変わらぬ親友から「俺について来いよ」と誘われた風俗がデリヘルでした。彼女との疑似デートからエッチなサービスが受けられる事は知っていましたが、やはり内心尻込み状態で「もう逃げられないし逃げちゃダメだ」と自分を鼓舞してのデリヘルデビューでした。全てを任せて身を委ねる中、生まれ変わって行く自分を確信しました。今は女性恐怖症どころか、出遅れた女の子と過ごす青春時代を取り戻すように、デリヘルに夢中の毎日です。別に特定の彼女はまだ要らないかな・・・そんな感じです。

素の1人のオスにしてくれるデリヘル

一昔前であれば世間から「聖職」などと称された仕事上、風俗に出入りする姿などを保護者にみつかれば一大事です。特に最近はネット上での拡散など、尾ひれがついた噂話が一瞬で駆け巡る環境ですし、そんな事で人生にトドメを指されては悲し過ぎます。それでも多くの既婚者が職場恋愛からの結婚と、なかなか女の子とは出会い辛い職場環境であるのも事実です。やっぱり男である以上は性欲が高まるタイミングもありますし、学生時代に結構風俗にハマっていた私からすれば、あの頃みたいに楽しんでみたいのもホンネです。そんな私が密かに楽しんでいるのがどりヘルです。車で隣町まで移動すれば、地元の人達の視線を気にする事もありませんし、歩ゲルで待機していればデリヘル嬢がやって来てくれるので、室内だけでエッチなサービスを堪能出来る安心感も魅力ですね。この時ばかりは一匹のオスの獣になって、デリヘル嬢の身体とサービスをむさぼらせてもらっています。こんな話をしていたら、当然今直ぐ楽しみたくなってしまい、表情が崩れているのが分かりますね。

投稿日:2017年3月14日