聖なる夜に風俗で過ごす為に素敵な体験談をご紹介!

風俗が怖いなんてやっぱり嘘でした

風俗に無縁な一部の人達に限って、やれ「風俗は怖い」といった、自身の体験とは違う、単に又聞きした噂話を声にしたり、近年であればネット上に掻き込んだりするケース、これが後を絶っていないように思えてなりません。私自身も十代の頃、風俗への興味が膨らむ一方、何となくいかがわしい、危ない、怪しいといった印象を抱いていたのも事実でした。今振り返れば根拠の無い風評を、世間知らずの青二才だった当時の自分が鵜呑みにしていただけでしたが、そうだと確信出来たのはやはり、実際に風俗デビューした後でした。ちなみにその時のジャンルがデリヘルだったのですが、先輩が全部段取りから指南してくれ、安心してデリヘル嬢のサービスを受けられました。ちなみにその時の感覚は、初めて理髪店では無く美容室を訪れた時の、何となく自分がステップアップというか、人間として大人にランクアップした感覚に似ていました。数ある風俗の中でもデリヘルは、初めてこの世界の扉を開く方々にとってオススメだと思いますね。

サービスの向こうに「こころ」が見えます

風俗の経験をお持ちで無い方、あるいはマイナスの先入観を周囲からの情報だけで抱いておられる方が声にされるのが、愛の無いエッチだとの指摘と、その行為そのものを否定する意見です。ですがこれは真面目な話、人間にとって性欲は食欲や睡眠欲と同じ、生き物としての欲求です。眠らずに無理して起きていれば心身に変調を来しますし、食べなければ生きて行けません。宿泊場所を確保する、外食あるは食材を買う行為と何ら変わらないハズなのに、風俗に関してだけ、妙な理由づけばかりが目立つのが、とりわけデリヘルの素晴らしさに魅せられている僕にとっては、どうしても府に落ちません。世の中にはサービス業の範疇に含まれる職種が沢山ありますが、デリヘル程誠心誠意「こころ」を尽くすサービスを、果たしてどれだけの自称プロが実践しているでしょうか?僕達を至福のひとときに連れて行ってくれる、あのテクニックと細やかな心遣いの裏に、どれだけの陰の努力があるのか、否定派の人達には考える姿勢も意識すらも無いのでしょうか?・・・ですから僕はデリヘル嬢にいつも感謝の気持ちを忘れず、目一杯楽しませてもらっています。

投稿日:2017年4月25日